過去記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

2009年03月29日

☆社長とは・・・の巻☆

社長って皆さんよりたくさん給料をもらいます。
社長になって思ったのですが
それは当然のことだと思います。



社長ってサラリーマンの頃には味わうことができないような苦しみ、悩み味わいます。
当然、皆さんに支えられてたくさんの幸せもいただきます。
その対価であるサラリーもその一つかもしれません。



また、大半の社長は会社の借金を背負います。
その保証は全部個人で保証します。
(保証人をつける場合もありますが)
つまり、法人の借金は最終的には社長が個人で払わなければならないのです。
(あ、非上場企業はですが・・)
だからいざというときに借金を返すだけのお金を個人でもっていないといけません。



同じようなことですが
会社が立ち行かなくなったとき
どこからお金を出すか?


社長が出すしかないのです。


私が社長になったとき先輩社長より
会社がほっといても半年は回るだけのお金を持っていなさいといわれたものだ。


残念ながらいまだにそこまでお金を持ったことはないが・・・(汗)


会社にお金が必要になったとき
まず削ったり調整したりすることができるのが
社長の給料なのです。
社長の給料の多さってその調整額の多さでもあるような気もする。
だから社長の給料が多いほど正常というか安心できる会社だともいう。


森が思うに社長って給料の額面がありますが
その通りにもらっている人って半分くらい(笑)


額面=給料ってこともないものである。



この不況の昨今、
会社が大変なときにふんぞり返って信じられない給料をもらっている社長がいますが
それは社長として間違っていると個人的には思います。


そういうときに何とかするために日頃高い給料をもらっているのです。


また、給料が高いからといって必要以上に華美な生活をしたり
贅沢をしたりするのもどうかと思います。
(少しはいいと思いますけどね(笑))


社長のお金は自分のお金であり、そうでないのですから。




つまり、
日頃「なんであのタコ社長はあんないい給料もらいやがって!」
っと社員として思ってしまうのも違うと思いますし
いざっていうとき、あんないい給料をもらっていたら【タコ社長】
だと思います。


「当たり前のことを当たり前に」ですね。


自分にも言い聞かせないと!です。


同じカテゴリー(ビジネス論)の記事画像
☆次、生まれ変わったら・・・・・・・の巻☆
☆仕事はじめ・・・・・の巻☆
同じカテゴリー(ビジネス論)の記事
 ☆若者は大いに無茶すべきである・・・の巻☆ (2010-09-14 23:54)
 ☆リトル・ママは営利企業です!!・・・・の巻☆ (2008-11-02 22:34)
 ☆次、生まれ変わったら・・・・・・・の巻☆ (2008-10-05 23:36)
 ☆今日もまた・・・・の巻☆ (2007-03-18 22:50)
 ☆キッザニアに行ってきました!!・・・・の巻☆ (2007-01-14 19:02)
 ☆仕事はじめ・・・・・の巻☆ (2007-01-05 23:50)

Posted by モリモリ(リトル・ママ) at 17:15│Comments(0)ビジネス論
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。