過去記事
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

  

Posted by at

2010年11月11日

福岡市長選

今週の日曜日、
福岡市では市長を選ぶ選挙が行われます。


今回は8人の候補者が乱立している選挙である。


今日は僕の母校
修猷館高校の同窓会の常任幹事会が行われた。


修猷館の常任幹事会の理事長は
新出光 出光芳秀社長
副理事は
九電工 橋田紘一社長
西日本シティ銀行 久保田勇夫頭取
という福岡を動かしている方々である。


その他、卒業生には全国に各界の有名人がたくさんいらっしゃる。


そして、先日、
福岡市長選で投票5日前に撤退した
植木とみ子氏
会見に同席した山崎広太郎元市長も
修猷館の先輩である。


期日前投票を行った市民もいる中
告示後に選挙をやめるということは
前代未聞のことである。

植木氏、常任幹事会でご挨拶をされたこともある。

そんな後の幹事会でしたので
ざまざまな話も聞かされた。

選挙ですから
福岡を動かしているいろいろな方が絡み
さまざまな事情はあることは理解する。


私レベルの社長ではどうしようもないこともたくさんある。


ただ、悲しいかな「市民」を全く向いていない
と感じることに憤りを感じる。


今日、あえてこのブログを書いたのは


我々市民もしなければならないことがあるということである。


福岡市に住んでいる人間にとって
福岡の長を選ぶ選挙である。



我々はその中から1人の長を選ばなければならない。


今週、毎日のように新聞にも出ているが
新聞でもネットでもそれぞれの候補者の考え、政策が書いてある。


それを隅から隅まで自分たちの目できちんと見なければならない。


そして、政党とか年齢とかしがらみとか関係のない
立場でそれぞれが1人選ぶことである。


そうすることで少しでも
市民を見てくれる
市を良くしてくれる
と思われる人間を市長にすることである。


我々が選ぶ目を肥やさないといけないのである。

そうしなければ市は良くならない。


自分たちの投票権、
大切にしなければならない。


そう、強く思ったのでした。
  


Posted by モリモリ(リトル・ママ) at 23:21Comments(1)思うこと

2010年11月08日

日本シリーズ×ロッテ×野球中年

一昨日から久しぶりに
日本シリーズにはまっている森ですが
野球少年もとい
野球中年の森、
今日も子育て支援でも、
起業の話でもなく、
日本シリーズのことを書いてしまう。

ロッテの見事、史上最大の下克上で
終わった日本シリーズであるが
先日も書いたが中日を応援していた。


それは単に1位通過だったからである。
どっちも1位だったらきっとロッテを応援した。


実は森、ロッテも好きなのである。


なんといってもまだ、ロッテがとっても弱く
マリンスタジアムにもお客さんがまばらな時代、


マリンスタジアムでビールを売るアルバイトをしていたのである。


野球部育ちで野球大好きの森、
野球をお金もらって見れるなんて
とってもステキなアルバイトだった。



当時は本当にお客さんが入っていなく、
ビールの売り子とお客さんの数が
たいして変わらんくらいだった。



だからビールを売るためには
いかに自分を売るか?
まさにキャバ嬢もとい
キャバボーイ?であった。


お客様と話して顔覚えてもらって
話をあわせ、野球の話題をし、
ビールがなくなった瞬間にすかさずアプローチ。


何人のお客様を酔いつぶさせたか(笑)?


ちなみに千葉ロッテマリーンズの歌もサビ、歌えます。


一度、西武が優勝したシーズンであるが
マリーンスタジアムで胴上げも見たことがある。



しかも、ビールかけは
スタジアムの近くのプリンスホテル。



これって屈辱だろうな~と思いながら
森は見ていた記憶がある。



それから、ロッテはフロントと一体になり、
浴衣で来た女の子は無料みたいなことも確かしたっけ?
試行錯誤して強いチームになったのである。


強くなるにも歴史アリである。


ロッテマリーンズおめでとうございます!


とはいえ、やはり森的には
3位のチームが日本シリーズ優勝したら
ホント【1年間のペナントレースを勝った意味ってないよね~。】と思う。


どんな強いチームでもいい調子、悪い調子がある。


相手もプロなので
3連戦3連敗するときもあるのである。


それを年間を通していい成績を残した価値と
短期戦に勝った価値が一緒というのは
興行的にはいいかもしれないが
なんだかな~と思うのである。


ということで?
来年はスッキリとソフトバンクに優勝したもらいたいと思う(笑)
来年はマジで勝たんといかんばい!   


Posted by モリモリ(リトル・ママ) at 19:28Comments(0)思うこと

2010年09月26日

じゃんけんで内田眞由美に勝つママ?!

今日はイクメンの話でも
子育て支援系の話もないが
「ママ」の話。


今日、「アッコにおまかせ!」で
AKB48のじゃんけん選抜のことをやっていたが
そこでじゃんけんの神様「藤堂和子ママ」の話がでていた。


この方、リトル・ママではなく
ちいママでもなく
中州のママ、どっちかでいうとビッグなママであるが
(あ、体がビックってことじゃなくてね)
じゃんけんの名手ってかじゃんけんに負けないママである。


アッコにおまかせ!によると
長嶋茂雄やイチローから峰竜太もじゃんけんい挑んでる。
イチローも和子ママの前では1本のヒットも打っていないであろう(笑)

そして、アッコも挑んで負けているというママであるが


森もその店に行ったことがある。


本当にマジでじゃんけんに負けないのである。


手品の類??と疑いを持ちたくなるのであるが
何度やっても勝てない。


勝つと飲み代タダになるが
負けるとお金を取られるので
そうそう勝負にも挑めないのであるが・・・(笑)


どんな法則があるのか?
てかそもそも神なのか?


さっぱりわからないが絶対に勝てないのである。
逆にわざと負けるときはある。
基本5回やるのであるが
すなわち、5回勝つか5回負けるかで
全部勝敗のコントロールはママにあるのである。


ネットによると勝率9割と書いてあるが
10割にほど近いと思う。


彼女がもし、AKB48にいたら
もちろんセンターは内田眞由美ではなく
藤堂和子ママであったであろう(笑)


何事も芸?を極めるのはすごいことである。  


Posted by モリモリ(リトル・ママ) at 22:05Comments(1)思うこと

2010年09月18日

子育て経験はキャリアである。

今日、福岡県から受託されている
2010年福岡県育児サロンに行ってきた。

これは育児休暇中の教職員たちが
育児中、ちょっと息抜きになったり
ママ友を作ったり
講師の先生の話が聞けたり
というようなイベントである。

今日講師をしていただいたのは
福岡プレーパークの会代表古賀彩子さん







「子どもの遊びを見守る大人の役割」

というテーマでの話だった。

お子ちゃまはやってみたいと思うことが遊び
みんな違ってみんないい
子どもはAKU(あぶない、きたない、うるさい)が好き
など基本的なことではあるが
わかりやすい言葉が多い楽しい講演であった。


その後に育児休暇中のママたちと
コミュニケーションする時間もあったのだが
育児休暇が長くなると
復帰への不安が大きくなるという悩みが多く聞かれた。

森はいつも言っているが
子育て経験はキャリアだと思っています。

世の中の半分が女性で
また、その半分くらいがママです。
そんな女性のキモチがわかるのは
間違いなく男性ではなくママである。


したがって一生懸命子育てして
そのキモチが社会に還元されたら
素晴らしい社会ができると思うのである。


子どもが1歳のときは一生に一度である。
2歳の時も一生に一度。
その一瞬を大切にしていただきたいものである。
仕事の代わりはいくらでもいるけど
ママの代わりはいないのである。


また、経営者の立場からいうと
(あくまでも森という経営者の考えね)
1年以上休む場合
2年も3年もあまり変わらないと思っている。


ヶ月で休む場合は、いる人員で穴埋めをしようと思うが
年単位で休む場合は人員を補充して組織を考えるからである。
そして戻ってくる場合はその人数で組織を考える。


だから、長く育児休暇を取ることに関して
罪悪感を感じる必要はない。


いずれにせよ、これからは子育てママも
大切な労働力である。


ママをしながらきちんと働ける社会に
していかないとですね。

そんなことを考えることができるイベントであった。
  


Posted by モリモリ(リトル・ママ) at 23:28Comments(2)思うこと

2010年09月16日

☆悪人・・・・・の巻☆

今、見たい映画である。


もともと原作を読んでいるので
内容はわかっているのだが
原作も面白かったが
何よりも舞台が自分の住んでいる福岡の町が出てきて
博多弁で進むところとかがとても生活とリンクして面白い。


リトル・ママの福岡事務所は天神てか赤坂の
けやき通りという福岡ではオシャレ通りと言われるところにあるのだが
(イメージとしては表参道のけやき通りのスケールを10分の1にした感じw)
てか↑が言いたくてけやき通りに事務所を構えているともいう。


途中出てくるカフェはリトル・ママの事務所から、徒歩数分のところにあり
最近は「へ~、このお店に岡田将生きたんだ~」
なんて思いながら隣を通ったりしている。


また、舞台である東公園から唐津から呼子までとっても目に浮かぶ場所ばかりである。


とはいっても内容はとてもシリアスだし
きゃっきゃ言いながら見れるものではないだろうし
原作読んでも確かに「悪人」って誰なんだろう?
って思う内容だと思われる。


深津絵里もとってもハマリ役な感じ。


この3連休で見に行きたいものである。
早く見たい~♪
  


Posted by モリモリ(リトル・ママ) at 22:47Comments(0)思うこと

2010年09月12日

☆硬水とお腹の因果関係とは?・・・の巻☆

森、最近わかったことである。


お酒がほとんど飲めない森は
スパークリングミネラルウォーターって大好きなのであるが
(日本語でいうと炭酸水ね・・w)
硬水のガス入りと思われるのであるが
飲むと下す率が高いのである。


というか正確にいうと
下すものと下さないものがあるのである。


今のところ
ぺリエ○
サンペレグリノ○
であるが
その他のあまり名前をきかない
オシャレガス入りミネラルウォーターはヤバイ。


コントレックスを飲んでも、すぐくるので
硬水がまずいのかと思ったのであるが
サンペレとか思いっきり硬水のようだ。


ネットでひとつだけマグネシウムの量との因果関係説も見たが
いまだなぞである。


ちなみにセブンイレブンの炭酸水、
単純に水と炭酸は全くなんともないので
間違いなく何かの成分である。


そんな経験ある人いませんか?(笑)  


Posted by モリモリ(リトル・ママ) at 23:28Comments(1)思うこと

2010年09月11日

☆もうすぐ38歳・・・・・の巻☆

リトル・ママをはじめたのが29歳。
もう9年です~。


あの頃は20代独身男性編集長なんて言われていましたが(笑)
30代もベテラン、てか立派なアラフォーです。
最近アラフォーって言葉も聞かなくなってきたが・・・・。


昨日、東京のスタッフにケーキもらいました。
といっても森の誕生日は13日なので
少し早いお祝いです。












38歳というと社会人の中で、もう中堅ですし
それ相応の大人の対応がもとめられます。


その実感もあります。
特に会社を立ち上げた20代の頃からですが
たくさんの先輩方に支えていただきました。


20代のパワーがあり、
先輩方の知識、人脈があったから今の自分がいます。


最近は当時の僕のような20代の若者たちに
相談されることも増えてきました。


自分が皆さんに応援していただいたように
僕も後輩たちのパワーを形にしてあげられるような先輩にならないと!
という思いも強くなってきました。


それとともに、まだまだ30代!
今って昔と違って50代、60代でも元気なおっさんたくさんいるし
バリバリ頑張っていきたいと思います。


今ってメンテナンスすれば若くいられます。
こないだの中日、山本昌の完封もそうだし、
体力も維持するのは可能です。


そういえば、今日、東京から福岡に移動したのですが
今、モノレールの浜松町駅に
スマップの駅看板が並んでいます。


キムタク、仲居君は同い年です。


まあ、おっさんになったな~と思ったが・・・(笑)


そうそう、意外と1972年組頑張っていて
昨日ギュギュっとに出ていて
リトル・ママ福澤が会って赤面したらしい武田真治も同い年、
藤木直人や谷原章介や深津絵里とかも同い年。
あ、ホリエモンもね。
盟友ワイヤーママたけぴ社長ももちろん同い年。


そう考えるとみんなまだ若いな~。
ぜんぜん、この粋ではないですが・・・。


今年も積極的に動いていこうと思います。   


Posted by モリモリ(リトル・ママ) at 23:53Comments(3)思うこと

2010年09月05日

☆チア大会開催!!・・・・の巻☆

「チア大会開催」
実にこの構想、数年前からあったのです。



数年前「縁」あってチアチーム「リトルチアーズ」の名づけ親にならさせていただき、
彼女たちとかかわっているうちに
福岡にはチアチームを含めダンスチームって結構あって、
披露する場所を求めていることがわかりました。


そして、どこで踊ってみたいか?
を聞いてみると

「キャナルシティのサンプラザステージ」

がダントツ。


森が野球少年でプロ野球選手にあこがれていた頃
当時は福岡にプロ野球チームはなかったけど
平和台球場にプロ野球がくることがあり、
平和台球場で野球をしたときに
人工芝ってこうなんだ!と思ったり、
甲子園球場の土ならぬ
平和台球場の土を取ってもって帰ったことも覚えている。


純粋無垢な子ども時代もあったな~(しみじみ)


この仕事をやっている以上、
そんな子どもたちの「夢」を叶えてあげる
っていうことをしたいのである。


そして、僕にとっても数年越しの夢ではあるが
やっと今年、形になったのである。


子どもたちが大人になって
「ここでダンス踊ったとよ~!」って
人に言えるような思い出作ってあげたいです。


まずはその第一回目が
9月20日(月・祝)に行われます。
第一回を機にチア大会が福岡の文化になるように頑張りたいです。
(そのうち東京でもやりたい!)


この大会開催までに
リトルチアーズミホママ、
ミキファニットケセラさん
福岡地所さま
そして協賛してくれた英進館さま
当社の営業スタッフ
をはじめたくさんの方にご協力いただきました。


皆様の労に報いるためにも
絶対に成功させたいと思います。

  


Posted by モリモリ(リトル・ママ) at 22:19Comments(2)思うこと

2010年08月08日

☆偶然を偶然と思うな・・・・の巻☆

「偶然を偶然と思うな!」

森がバイブルにしている
「成功者の告白」(神田昌典著)
の中に出てくる一つのフレーズです。

歳を重ねてくると
ひとつひとつのことに意味があるのでは?
と思うようになります。

特に森的ポジティブシンキングでは
イケイケのときよりも、
落ち込むことや
失敗したときこそ
今、何かを学ぶためにそうなっているのだ!
と思うようになりました。

そう思うと、どんなに苦しいときでも
少し、前向きになれます。

また、予想外のとこで予想外のことに
出あったとき
何か意味があるのでは?
と考えます。

そういうときに新たな
ビジネスとかがポーンと浮かんだりもします。


「偶然を偶然と思うな!」


日々起こっていることを見つめなおすのもいいですね。
  


Posted by モリモリ(リトル・ママ) at 23:14Comments(4)思うこと

2010年07月26日

☆男も谷間・・・・の巻☆

先日、「パパは装飾系」っていうコーナーに紹介していただいた
というブログは書いたが
ここではポケットチーフにはまっているということが紹介された。
実は最近もうひとつハマっているものがある。



「胸の谷間」である。



森が女性の胸の谷間に弱いなんて
そんな当たり前のことではなく
「男も谷間」って話。
あ、ホ○の話でもない。



最近、紹介していただいたスタイリストの方から
オーダーで買ったシャツがあるのだが
森が作るときにリクエストしたのがクールビズで着れるシャツ。



クールビズになるときに
ネクタイとりました!ってのがいやなのと
ひとつボタンあけても微妙、
ふたつボタンあけたらビジネスにしてはいやらしい、
っていう中途半端感が好きではないのである。


作ってもらったシャツは
第2ボタンが普通のシャツより下についているのである。


つまり、ひとつボタンをあけたら
ひとつボタンをあけるのとふたつボタンをあけるのの
中間くらいにあくのである。


これがなんとも
セミヌードというか
ちょいエロというか
ちょいワルというか
男の胸の谷間をいい感じで演出するのである。


その方の話によると
峰竜太のシャツは全部そういう仕様になっているらしい。


目指せ!峰竜太(笑)!


てか、これ、そのうち一般的になるかもな~
なんて思ったりして。


しかも、その方オーダーでシャツを作ったら
その布でサービスでポケットチーフも作ってくれるのである。


シャツとチーフがおそろなんていいでしょ?
いい買い物した感じ。



男も谷間でセクシーさをアピールする時代かも?!である。

  


Posted by モリモリ(リトル・ママ) at 23:19Comments(0)思うこと

2010年07月23日

☆社長とは・・・・の巻☆

最近、よく、口にする言葉であるが
社員は社長の決定に従う義務がある。
その代わり、社員は社長(会社)を選ぶ権利がある。


社長は会社の状況を把握して
物事を決定することが仕事です。


しかしながら、社長も一人間。


100%の自信があるときもあればないときもある。
ハイテンションなときもあれば落ち込むこともある。


また、一人間である以上、
100%正しいなんてことはありません。
そんなことができるのであれば
パウル君になれます。


そう、正真正銘のタコ社長!icon205


でも、どんなことがあっても決断し
その決定に沿って社員を動かしていかなければなりません。



そして、社員が増えるほど
全員が100%納得する答えなんてものはなくなります。



その中でもひとつの答えを決定していたなければならないのです。



社員3人の時は頭ひとつ出たピラミッド。
人数が増えていけばピラミッドの頂点は高くなっていきます。



なるだけ社員の声を反映させようと思うと、
1つの決定を早くしていかなければいけません。



当然、社員が増えるにつれて
プレッシャーは大きくなっていきます。



たくさんの方に支えていただいている
というのを実感するとともに
孤独も感じていきます。



そうやって社長になっていくのだと思います。



「もっと、強くならないと!」



きっとどの社長も思うことだと思います。
  


Posted by モリモリ(リトル・ママ) at 23:24Comments(0)思うこと

2010年07月12日

☆今更レゴリス・・・・の巻☆

葉月蓮介(キムタク)、そこかよ~・・・・。
森だったらストーリーに関係なく北川景子ですが・・・。
1週間遅れで『月の恋人』最終回見ました。


何かドラマ見ておこ!
と思って見た王道の月9ですがすっかりはまっていました。


キムタクのレゴリス:葉月蓮介社長
同じ社長の立場から言わせると、
社長としてそんな選択とか言動しないよー!

球場でおっさんがビール飲みながら
しったかぶりの野球解説をするように
(ま、それよりなマシだろうが・・・)
僕の中では社長じゃない人が描いた社長像だったのですが
そんなことを突っ込みながら見るのが好きでした。。
一応、キムタクと同じ歳社長(笑)


でも、キムタクのような社長が本当にいて、
(キムタクまでかっこよくなくていいけど)
世の社長像が
【白髪交じりのオールバックもしくはバーコードで小太りなエロそうなオヤジ】
のようなイメージが払拭され、
『オレもあんな社長になりたい!』
って若い子たちが思うようになれば
世の経済も活性化するはずだ。


実際にキムタクが乗っていたオープンカーのレクサスにちょっと憧れた。
つーか美女3人に囲まれるのにはもっと憧れるが。(特に北川景子)


実際に中小企業の社長ではあんなにモテるわけではない・・・・。


でも、そんな不純な動機でも、
会社を成り立たせていくためには
お金を稼いでいかねばならない。
お金=人の役に立った対価
であるから
お金をたくさん稼ぎたい=それだけ人の役に立たなければならない
である。


そうやって社長モチベーションはあがるのである。


また、森も頑張って若者たちがああいう社長になりたい!
と思ってもらえるようになりたいなと思っています。


そうすることが世に社長を増やし、
新しい産業を生み出す一助になると思います。


そして、いつかレゴリスのように会社を大きくして
綾瀬はるかにお兄ちゃん♪と呼ばせてやる!


なんて新たな野望を燃やしたのであった。


なんのこっちゃ。
  


Posted by モリモリ(リトル・ママ) at 23:00Comments(0)思うこと

2010年07月04日

☆海外に行って思うこと・・・・の巻☆

皆様のご協力のお陰で無事
新婚旅行に行かせていただきました。


海外には10年ぶりくらいに行きました。


新婚旅行といいつつも?
良くも悪くも経営者。


ついつい行くところ行くところで
それじゃあ自分の経営に?
なんてことを考えてしまいます(苦笑)


ある意味、職業病。


でも、一生のいい思い出を作られていただいたと思います。
支えていただいた皆様に心から感謝です。


なんとなく旅行中、感じたことを列挙します。


●トイレと風呂は日本が一番(笑)


お食事中の方ゴメンなさい。
森、ウォッシュレット愛好家です。
(正確にいうと、シャワー付トイレだが)


あのお尻を洗ってくれたり
ニオイを取ってくれたりする技術は
世界一だと思います。


というか、そんなところを
細やかに考えることができる
日本人の緻密さは
絶対に他の国がマネできることろではない。

オンリーワンだと思います。

オンリーワンなものを持っている国民なんてそういない。

韓国、中国に負けず劣らず発展させなければと思います。


逆に物事をオシャレになんてところは
日本人には足りないな~と思います。


ある意味スペイン人のおおらかさがそういう雰囲気を作るのかもしれません。


●語学はできたほうがいいですね~。


世界に出て行くときにコミュニケーションできなければヤバイですね・・。

ユニクロではないですが
強制的にでも英語はある程度話せるようにならないとですね。



スペインでも英語が何となくわかればあとは
ボディラングエッジと気合でなんとかなります。



といいつつ、森も受験で覚えた
【試験に出る単語(通称しけたん)】と
13年前に1ヶ月間
ロスで語学の勉強をした程度ですので
I can speak little English.(sweat;)


コミュニケーションが大変でしたが、
異文化の方と話ができてとても楽しかったし、
話すことにより自分の視野が広がるのを感じました。


日本は単一民族ですが
もっと開かれるべきだとも思いました。


道中、タクシーの運転手のお兄ちゃんで
マイケルジャクソンマニアみたいな人がいて
ドミニカとスペインのハーフでお互い
片言の英語でみょーに盛り上がったりした。

頼むから前向いて運転して欲しかったが・・・(笑)


●スペイン空港やドライブインにこんな施設があります。
もっと日本も見習わないと!







●日本は治安がよくていいですね~。

スペインでは色んな方に「スリに気をつけろ、スリに気をつけろ」と
ことある毎に言われ、
怪しい感じの人がいたら常に
「オマエか!」とかなりびびっていました(笑)



●海外には行っておくものですね。
異文化を取り入れると、視野が広がります。


外国のニオイをかぐ、外国の歴史を見る、外国人と話す。

そうすることにより自分の視野が広がるし
グローバルの中の日本、
日本の中の東京、福岡
なんて視野がもてます。


●スペイン人陽気です。
そのまんまですが、テキトーといえばテキトー(笑)
でもそこがいいところ。

ワールドカップでスペインが試合をしていたとき、
見てはいませんでしたが歓声でどっちが点を取ったか?
とかどっちが勝ったか?とかわかりました。

それは日本も一緒?


●日本人もいい人が多いです。

旅行中久しぶりにヒゲを伸ばしたのですが
髭が伸びた僕に
【竹野内豊に似ている!】って言ってくれた
すばらしい方がいました。
日本人すばらしいです。


しかしながら、なんと!!!!
白髪(髭?)がけっこう混ざっていました・・・・。


年齢は30前後ですか?と結構いわれて
アラフォーのわたくし、調子に乗っいたのですがそんな場合ではない。。
かなりショック・・・。


とまあそんな感じですが
また、海外に行きたいと思いました。
そのような余裕を持たねば。


社員にも持ってもらえるようにならなければ!
そんな会社を作らねば!
と思いました。


そして、最後に

●新婚旅行行ってよかったと思いました。

あらためて奥さんにグラシアス!


と、お後がよろしいようで。


月曜からバリバリと仕事頑張ります!



  


Posted by モリモリ(リトル・ママ) at 15:23Comments(3)思うこと

2010年05月30日

☆9月13日生まれ、おとめ座A型・・・・の巻☆

森、9月13日生まれ、おとめ座A型である。


なぜ、今日この話題かというと
最近、世間を騒がせている人物が
9月13日生まれ、おとめ座A型なのである。


その名は・・・・・







玉置浩二。







これまでの言動といい
先日の「青田は素人、オレ天才!」的なコメントとかといい
あのファッションといいとっても危険地帯?
てかなかなか「キ・ツ・イ」感じ(苦笑)




ちなみに9月13日生まれおとめ座の代表?として
松坂大輔もそうである。




なんと、玉置浩二、松坂大輔、森光太郎
共通点があるのである。




実は、全員野球部出身ででピッチャーである。
もしかして9月13日生まれ、基本、目立ちたがり屋?
てか松坂は確かに天才だ。
つうか十分に玉置浩二も天才だと思うけど・・・。





その昔、玉置浩二が色んな意味でまだ安全地帯だったころ
ザ・ベストテンかトップテンのどちらかで
元ピッチャーでスピードガンで急速を測ったりしていたのを覚えている。
たしか100キロくらいしか出ていなかったが・・・。
ピッチャーとしては凡人だったらしい。




同じ日生まれの人って共通項があるようで
とても怖いやらなんやら・・・。





その他の9月13日生まれの有名人でいうと
あの、鳩山邦夫もそうらしい。




なんともバラエティに富んでいる感じ・・・。
ちなみに松坂大輔と鳩山邦夫の血液型はO型。





血液型まで森とすべて共通しているのは玉置浩二だけである。
ちなみに森の奥さん、青田典子に似ているといわれたことがあるらしい・・・(泣)




でも、森はあんなバンダナのような?
巻物はしないぞ!と思っていたのであるが
確かにたまにネクタイを頭に巻いたりすることもなくはない・・・・。



書けば書くほど
共通していることが【自信が確信に変わってきた】・・・??




ネタ的には面白いが何かびみょーだ(笑)
  


Posted by モリモリ(リトル・ママ) at 23:39Comments(5)思うこと

2010年05月25日

☆そこそこの理論と強い熱意・・・・の巻☆

森、頭のいい人に言わせると
そこそこバカらしい。


それ、結構気に入っています(笑)


森、理論ごねるの嫌いではないが
そんなにすごい理論を考える頭はない(笑)


てか、むしろ、理論君はあまり好きではない。
場合によっては「細かい男」とか言われてしまうし(笑)
森的に最もイケてないと思うのはできない理由を
理路整然と語ることである。



物事というのは
理論が通っていなければダメだと思う。
でも、理論だけではこれまたダメだ。


逆に感情だけで物を言われても、とっても困るが・・・。


でも森的な考えでいうと
最後に人の心を動かすのは
「熱意」とか「キモチ」とか「心」である。


そして、そのキモチが人を動かし
それが奇跡を起こすのである。


起業なんてまさにそんなもの。


理論だけではまず成功しない。
熱意を持って突っ走ってこそ成り立つものである。
森も理論もヘッタクレもなく走りまくったっけ?
(いや、今も走っている)


そこそこの理論と強い熱意です。


話は変わるが森とモリモリコンビといわれている
咲ら化粧品
森咲子社長が頑張っているのが
【輝く女性プロジェクト】


彼女の熱意に打たれ?
ブログで紹介します(笑)


もし、興味がある方はぜひ、ご参加くださいね!


【 輝く女性プロジェクト 第3弾イベント】

★日時:2010年6月4日(金)
★時間:13:00~22:30

【昼の部】13:00~16:00 講演会
【夜の部】19:00~21:00 講演会(トークライブ)
21:00~22:30 ビュッフェスタイル懇親パーティー
【フェア(入場無料)】 13:00~19:00


★場所:
グラナダスィート福岡

◆おもしろ体験トークライブ

~自分の思うと通りの未来に出会える?!~
『人生を劇的に変えるヒント!!』

▼ 講師:広野 道子 さん
21LADY株式会社(トゥエニーワンレイディ株式会社)代表取締役

シュークリームの「(株)洋菓子のヒロタ」の会長でもあり、
北欧家具・雑貨・キッチン用品の「㈱イルムスジャパン」の社長でもある
「広野道子社長」を東京からお迎えします。
女性の視点で企業の再生を手がけている広野社長の話からは
女性が自分らしく仕事をしていく上でのヒントが、沢山見つかるはず。
『もっと、自分らしく輝きたい!!』方、必見です!!

イベントの詳細はコチラ
  


Posted by モリモリ(リトル・ママ) at 21:07Comments(2)思うこと

2010年05月06日

☆アイフォンその後・・・・・の巻☆

アイフォンを持ってから3ヶ月くらいは
世の中からアイフォンを撲滅してしまいたいくらいの僕でしたが
それ以後、アイフォンが手放せなくなってきた自分がいます。


14年前、社会人1年生のときに
携帯持つの絶対イヤだー!
あんなん持ったらいつでもつかまるし・・・。
と思っていたら、
いまや一人1携帯の時代になったのと似てるかも。


現在、僕のビジネスに必要不可欠になってしまいました。

持ったきっかけは
PC持ち歩かなくてよさそうだし、
メールチェックもできるし・・・
何よりも時代についていかないと!
と思ってイヤイヤ持ってみたのが始まりです。


それが、メールチェックだけでなく
スケジュールも管理し
名刺も管理し
そして、やらなければならないメモも一元管理しています。
(to do機能という)
ついでを言えば睡眠の深さも管理しています(笑)


まさに自分の思い通りにカスタマイズすることができていますし
自分のビジネスにおいてかなり効率化することができました。


携帯を一人一台以上持っているように
まもなく、ビジネスマンは全員スマートフォンを持つ時代がくるだろうと思います。


時代はどんどん変わっていきますね~(苦笑)
  


Posted by モリモリ(リトル・ママ) at 23:59Comments(0)思うこと

2010年05月04日

☆目指せ!ノムさん・・・・の巻☆

GW後半ですね。
GW中は毎日ブログ書いています。



時間あるときはブログあけるのイヤなんですよね~。
忙しいときはすっかり忘れるんですけどね(笑)




今年は例年になくゆっくりしたGWですが
若干(とても?)仕事中毒の森、
一日何もしないなんてことは無理な性格?です。



休みの日に仕事するのってとても穏やかなキモチで
日ごろ気にしていなかったことにも気づきますよね。




ふと、起業したときに
世の中の就業時間が9時~17時とか
土日が休みとか
そんな感覚がぶっとんだことを思い出します。


世の中どんどん休んでしまえ!
その間に少しでも自分が前に進んで
少しでも風が吹いても倒れない会社作る!とか、
社員にもっと給料払う!とか
そんなこと考えて
気づいたら今日に至る感じ。


そして、気づいたら東京にも支社だしていたり。


最近、少し考えが変わりつつあることがあります。
最初は自分が走って走ってとにかく前に進んで!だったのですが、
そして、自分が走ればなんとかなったのですが
ありがたいことに社員が増えてきて
自分が走るだけではなんともならない規模になりつつあります。


そこで社長に求められるものは何か?
もちろん、ぐいぐい社員を引っ張っていかないと!
とも思うのですが、


野球でいうと監督です。
選手がうまくプレーできるようにポジションを決め
作戦を立て采配を振るう。
いつもサインを出すのではなく
あわてず動かず、いざというときに勝つべく指令を出す。


いつも監督がプレーをしていてはいけません。


自分が一プレーヤーに特化するのではなく
そんな立ち位置にそろそろ立っていかねばと思っています。



そんなことを考えながらGWを過ごしています。
あと、一日。
ゆっくり、過ごし、ゆっくり考えますface02  


Posted by モリモリ(リトル・ママ) at 19:30Comments(0)思うこと

2010年05月01日

☆GWです・・・・の巻☆

いよいよGWですね。
今年のGW、何をするか全く決めていません・・・(笑)


例年より自分の時間が持てそうです。


とはいえ、経営者って基本いつも仕事のこと考えています(笑)
というか、次の展開を考えるのも経営者の大事な仕事です。


こういうゆっくりできるときにいつも考えていないことを考えれたりします。
休みながら、そして、いつもと違うこと考えたいと思います。


みなさん、GWいかがお過ごしですか?  


Posted by モリモリ(リトル・ママ) at 22:40Comments(0)思うこと

2010年04月29日

☆女が喜ぶと書いて「嬉しい」・・・・の巻☆

現在、ブリヂストンサイクルさんとチャリンコ用のヘルメットを開発しています。
ヘルメット開発プロジェクトに参加してもらっているのは
東京の100~800名をまとめているパワフルなママを中心とした
リトル・ママユーザーのママさんたちです。


800人登録のサークルをまとめているママって・・・(汗)
ちょっとした大企業の社長みたいなものですよね~。


50名やそこらのスタッフを束ねている中小企業社長森とはわけが違います(笑)


そんなママさんたちが集まったプロジェクトチームなだけあって
すごい意見がどんどん出てきます。






まだ、どんなものになるかは発表できませんが
つーかまだわかりませんが
できあがるのが楽しみです。





いつも、社内においても思うのですが
女性の感性はすばらしいですね~。


とーてー男性には思いもよらない発想がバンバンでてきます。
まずかないません。


森が会社を経営していて形にするのって、
ママたちの雑談からヒントを得ていることが
ほぼ100%です。


逆に発想を形にするような仕組みを考えるのは
男性の方が上手なように思います。


現代社会のファミリー層にとって
商品の購入決定権はほとんど女性が握っています。


だとしたら、もっともっと商品やサービスにおいて
女性の意見が取り入れられていいと思います。


↑↑こんなことが言われて久しいことですが
実際に取り入れることができているところは少なく感じます。


取り込むよう働きかけていければと思います。


そもそも、
女が喜ぶと書いて「嬉しい」と書くように
基本、男性は女性に喜んでもらったら嬉しいのではないかと思う。


ママたちの意見を取り入れて商品をつくってそれがヒット商品になる。
そして、ママたちに喜んでもらう。
それ、嬉しいことである。


家庭において、パパもそうである。
ママや子どもが嬉しいと、パパ嬉しいのである。


いや、それだけでない。
キャバクラ嬢に貢ぐ男性も女の子の喜ぶ顔が見たいだけなのである(笑)


おっと、話がそれてきた。


家庭においてもママは太陽なんていうこともあるように
ママが明るい家庭は明るい家庭である。


世の中が明るく元気になるのは
女性が喜ぶ社会であることは間違いないと思う(笑)

  


Posted by モリモリ(リトル・ママ) at 19:55Comments(0)思うこと

2010年04月12日

☆「若さ」です!・・・・の巻☆

森の考え方であるが
20代~30代は次代を作る発想がものすごく沸く年代である。
頭もくるくる回るし身体も動く。


そういう意味では森も
アラフォーになり頭の回転は少し遅くなってきたし
体力が落ちてきているのも感じる。


40代以降は若いころに培った知識や経験を元に
20代~30代が考える次の世界を
いかに実現できるように動く世代のような気がする。
(なったことがないもので「気」です)


早く世代交代しないと!
と今から思っている森である(笑)


先日、「たちあがれ日本」という新党が立ち上がった。
なんだかな~と思うのは
みんな70歳前後のおじいちゃん。


これで「新しい日本を!といわれてもな~」
というキモチが強い。
まあ、年齢だけでものを言うのもなんですが。


同じく先日、鳩山邦夫さん(61)が
「坂本竜馬になりたい!」と言っていたが
坂本竜馬は31歳で亡くなっています。
ちょうどダブルスコア。


今の森よりってか福山雅治よりも若い。
その若さがあったから時代を動かせたと
森は思っています。

坂本竜馬になるならもう、なっとうやろ!とぶっちゃけ思ったり(苦笑)

むしろ、「次代の坂本竜馬を育てたい!」
というおじいちゃんが出てきて欲しいものである。


なんて思っていたときに
ふと社員の後ろをみると選挙ポスターが!!!





なんと社員の弟(28歳)が今度町議会議員に立候補するらしい。


若さだけでいいとは思わないが突っ走って欲しいですね~。
若さ=バカさ
バカなことで突っ走れるのが若さの特権である。
そのパワーが日本を変えることができるのである。


パワーある若者がどんどん前に出れる世の中を作りたいものである。


アラフォーとはいえ森も30代。
まだまだ若者の部類です。


次代を作ることができるよう頑張ります!!!
  


Posted by モリモリ(リトル・ママ) at 20:20Comments(4)思うこと